メインイメージ画像

看護師が転職したい時はどのような探し方があるのか

看護師の人が転職をしようとするとどのような探し方があるでしょう。別の職業の場合と変わらず雑誌等の求人広告、転職コンサルタント、ハローワークなどもあるでしょう。しかし、看護師の場合、周囲の人間関係や雰囲気がとっても大切と思われるのでSNSなどのコミュニティを利用してみたり、同僚や知り合いの看護師に聞いてみることも少なくありません。単純に情報発信しているものではなく、実際にその現場で勤務している看護師の生の声を聞くことができるのでたいへん参考になります。

他方、SNSなどはなりすましている可能性もないわけではないので、個人情報などを書きこむことは注意が必要となります。転職情報サイトなども手に入れた情報だけを鵜呑みにするだけでなく、情報の信頼性を目を凝らして見極めることです。

女性の割合が高い看護師の仕事は、妊娠、出産を終えて、仕事への復帰を考えているという人も多いはずです。このような、数年間の空白期間のある人が看護師の仕事に復職をする場合には、基礎的な看護技術や知識の研修を受講しておくと良いと思います。

数年前までに経験したことにどんなに自信がある人でも、職場を離れていると意外にもわからなくなってしまっていることもたくさんあります。働いて行くうちに感覚が戻って来る可能性が高いですが、緊張した状態で業務を行う事は、患者さんだけでなく、自分にとっても同僚にとっても良くありません。ブランクのある人の転職では、復職支援の研修制度を導入している職場を選ぶのがオススメです。

更新情報